サービス一覧

周りをみると福祉関係の仕事をしている人が多くいます。
それは時代のせいもありますが、単純に真面目にやっていれば、首にならない仕事だというところが大きいようです。
それを考えるとこれからもそういった方面の仕事は消えることがないのだと強く感じました。
知り合いで福祉関連の仕事をしている人は、アルバイトでもいいから社会に出て、自分にとって居場所となるような社会との接点をもつことが出来る仕事を見つけると良いとアドバイスをくれました。
そのアドバイスにもあるように、仕事に自分のアイデンティティを見出すことは大事だと思います。
そしてそれをキッカケにして、社会貢献や仕事に対する。
を高めることが必要だと思います。
これは社会人として働くことに対するテーゼであると思います。
つまり福祉の仕事というのは、社会貢献できるという意味を持ちやすい仕事であると思いますし、社会貢献できるということは、仕事に対して自分が真摯に付き合える意味を持ちやすいことなのではないかと実感しています。