サービス一覧

日本における福祉業界の現状は人手不足に加え離職率が高いものとなっています。
実際の業務に携わる前と後では、その印象は大きく異なります。
そのため、福祉業界に興味がある方は、学生期間にアルバイトで実際の業務に携わることをお勧めします。
ボランティアでも良いのではないかといった意見もあると思います。
確かに、ボランティアを通じて、この業界を体験することは貴重な経験となります。
しかし、その職場の一員として定められた期間や時間の中で業務に従事することは、より多くの経験を得ることになります。
職業といった視点だけではなく、職場や人間関係といった視点を持つことも可能です。
また、福祉の業務は様々な形態があります。
そのため、どのような職場が自分に適しているか判断することも重要です。
実際に働くことで、働かなくては得られない情報を得ることができます。
また、他の職員とボランティアとは違った人間関係を築けることは非常に重要です。
そこから得られる知識や情報はとても貴重なものとなります。